小規模多機能居宅介護

小規模多機能型居宅介護は、要介護者となっても、在宅での生活が継続できるように支援する、小規模な居住系サービスの施設です。デイサービスを中心に訪問介護やショートステイを組み合わせ、在宅での生活の支援や、機能訓練を行うサービスです。
2006年4月の介護保険制度改正により、今後増加が見込まれる認知症高齢者や中重度者ができる限り住み慣れた地域での生活が継続できるように、新たなサービス体系として地域密着型サービスが創設されました。

小規模多機能居宅介護の特徴

小規模多機能型居宅介護では、1つの事業所で、「通い(デイサービス)」を中心として、「訪問(訪問介護)」や「泊まり(ショートステイ)」のサービスを、組み合わせて利用できます。
地域に根ざした小規模の施設であるため、「通い」「訪問」「泊まり」等のサービスを、同じスタッフが提供しますので、連続性のあるケアで安心してご利用いただけます。

いこいの家26での1日

9:00お迎え(車でご自宅までお迎えに伺います)
10:00施設到着者より水分補給や健康チェック(体温・血圧・脈拍)を行います
一日のスケジュールを自分で決める
11:00体操(昼食前にお口のリハビリテーションを行います)
12:00昼食・口腔ケア
13:00休憩・自由時間
14:00
15:00体操・おやつ・水分補給
16:00掃除・帰宅準備・お送り(車でご自宅までお送りします)

レクレーションの種類

可能な限り1人一人のご希望に合わせたアクティビティーが提供できるよう、多様な種目をご用意いたします。
好きなこと、興味があることなど生活リハビリを通して「できそうなこと」が「できること」になるように、
あれもこれもやってみようと楽しく過ごせる時間を皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

いこいの家26ご利用料金

要支援度 1割負担

要支援14,545円
要支援28,131円

要介護度 1割負担

要介護111,625円
要介護216,603円
要介護323,682円
要介護426,033円
要介護528,599円

※その他、初期費用加算などの加算が
掛かります。

朝食300円
昼食600円
夕食600円
おやつ200円(朝・昼)
宿泊費1泊 3600円
その他1日 300円
日常生活・
教養娯楽費
1日 300円